Dental Select

歯科で矯正を受けて歯並びを美しくしよう

日本は、世界的にも歯並びが悪い人の割合が多いと言われており、大人になってから歯科クリニックで歯の矯正を受ける人も多いです。昔行われていた矯正は、歯の表面に金属でできたブランケットを装着するものが多くを占めていたため、歯の矯正はとても目立って恥ずかしいものであるという認識の人が多く存在していました。現在では、治療方法にも幅があり、歯が見えても違和感が少ないものも増えてきています。現在では、歯の表面に装着するブランケットの色が透明や白色になっていることが多く、昔の形式のものよりも見た目の違和感が少ないです。治療を行っていることを周囲の人に知られたくない場合には、歯の裏側にブランケットを装着する方式を選択することが出来ます。軽度の乱抗歯であれば、ブランケットを使用せずに、マウスピースを装着することで治療を行うことが可能です。マウスピースは透明で薄いものであるため装着の違和感が少なく、周囲に治療が気づかれることも少ないです。

歯科の矯正治療を利用して虫歯から大事な歯を守る

八重歯や出っ歯などの歯並びはちょっとしたものであればチャームポイントにも見える、ほほえましい存在ではありますが、これらの歯が原因で歯並びが悪くなってしまい、様々な悪影響を及ぼすことがあります。その一つとして挙げられるのが、虫歯です。歯並びが悪いと歯と歯の間が狭くなったり、重なったりしてしまうため、ブラッシングのみでは十分に歯垢が取れず、その部分から虫歯が発生しやすくなります。この問題を解決するには、歯科で矯正を行うのが確実です。特殊な器具を歯に装着し、正しい位置に歯を移動させる治療法となります。昔は見た目がとても目立つ、銀色の器具が使われていましたが、現在においては透明で小型の器具が利用できる場合もあるため、以前ほどは目立たなく改良されています。矯正治療では基本的に保険が適用されません。但し、治療目的によっては医療費控除の対象になる場合がありますので、医師や税に関連する公共機関などに問い合わせてみるとよいでしょう。

recommend

2017/3/2 更新